信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ > 情報公開目次 >

情報公開


 

中期事業計画(平成27〜29年度)

 群馬県信用保証協会は、公的な「保証機関」として、中小企業者の資金調達の円滑化を図り、中小企業者の健全な育成と地域経済の発展に貢献します。
 平成27年度から29年度までの3ヶ年間の中期事業計画における業務運営の基本方針として、以下に掲げる事項に取り組んで参ります。

1 信用補完制度の持続可能性を高める取り組み

 当協会が地域金融の円滑化と「三つの支援」等に積極的かつ継続的に取り組むためには、信用補完制度の持続可能性を高めていく必要があります。そのため、適切な保証利用推進を図り、当協会の経営基盤の強化と信用保険収支の健全化に取り組みます。

2 金融支援と経営支援の一体的な取り組みの推進

 金融機関との連携を強化して、中小企業の立場に立った「信用保証」を目指します。このため経営支援を必要とする中小企業に対して、金融支援と経営支援の一体的な取り組みを推進します。また、経営支援と併せて既往借入金の借換・集約に積極的に取り組み、中小企業の金融円滑化を推進します。

3 「三つの支援」(創業支援・経営支援・再生支援)の拡充

 地域経済の将来を担うことが期待される創業予定者の起業を強力にバックアップするとともに、これまで地域経済を支えてきた中小企業の経営の安定と発展に寄与するため、経営支援・再生支援への取り組みを拡充します。

4 「三つの支援」等を効果的に進めるための関係機関との連携強化

 「三つの支援」等を効果的に進めるために、金融機関、支援機関等の関係機関との連携を強化します。

5 事故管理の強化と経営改善への支援

 事故先の正常化を最優先課題と位置づけ、金融機関と連携を緊密に取りながら、延滞先等に対する積極的なフォローや弾力的な条件変更とともに、中小企業の経営改善に資するような一歩踏み込んだ経営支援にも努めます。一方、代位弁済が避けられないと判断される案件については速やかな代位弁済を促し、事故残高の減少に留意します。

6 求償権債務者の実態把握ときめ細かな債権管理

 不動産担保に過度に依存しない保証や第三者保証人の原則非徴求、保証利用先の法的整理移行の増加等により、回収困難な求償権が増加していることから、求償権の回収を巡る環境は非常に厳しい状況が続いています。しかし、健全な協会収支の維持及び保険収支の改善のためには、回収の最大化を図ることが不可欠であることから、債務者の実態に応じた粘り強い求償権回収に取り組みます。

7 コンプライアンス態勢の強化、人材育成及び職場環境向上による組織力強化、電算システムの安定的な運用

 群馬県内の中小企業金融を公的に担う信用保証協会としての社会的責任を再認識し、コンプライアンス態勢の更なる充実・強化に努めていきます。
 多様化する業務を適切に運営していくには、組織力の強化が必須の課題であることから、人材育成により職員の資質向上を図ります。さらに、職員がその能力を十分発揮できるよう、職場環境の向上にも意を用います。
 平成27年1月に移行した電算システムを安定的に運用し、効率的な業務運営態勢の強化を図ります。

8 広報の強化

 信用補完制度を健全に運営するためには、信用補完制度や信用保証協会の仕組みや役割、現状等について、適切な広報により中小企業や関係機関に周知し、理解を深めていただくことが大切です。特に、創業支援、経営支援、再生支援の「三つの支援」業務は当協会の重要な業務であり、利用促進を図るため積極的に広報に取り組みます。

 

 


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816