信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ > マスコミ掲載等 >

マスコミ掲載等

テーマ 「信用保証協会と緊急保証制度」

平成21年6月19日(金)放送(6月21日(日)再放送)


司会
今週は、群馬県信用保証協会の加藤茂生さんに、『信用保証協会と緊急保証制度』というテーマでお話をうかがいます。きびしい経営を迫られる中小企業を支援する…という仕組み、ご関心をおもちの方も多いと思いますが、まず今回のお話の大枠についてお聞かせください。
加藤

世界同時不況の影響により、群馬県内の中小企業の中にも、経営や資金繰りに悩まれている方は大勢いることと思います。このようなときにご利用いただきたいのが、信用保証制度です。信用保証制度は、国による公的な保証制度で、私ども信用保証協会は中小企業の方々の公共の保証人となり、その資金調達のお手伝いをしています。
また、『緊急保証制度』は、昨年10月31日にスタートし、多くの皆さまに利用していただいております。国の経済対策の大きな目玉として、非常に注目を集めている保証制度です。今回は、中小企業の方々に、信用保証制度とともに信用保証協会についてご理解いただき、さらに緊急保証の利用のメリットや、対象となる方、そしてお申込みの仕方などについて説明させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

司会
こちらこそ、よろしくお願いします。それでは、はじめに『信用保証制度』についてご説明いただけますか。
加藤

信用保証制度は、信用保証協会法という法律に基づいて作られている公的な制度で、全国の中小企業の37%にあたる157万企業に、ご利用いただいております。

制度の仕組みは、中小企業者と金融機関、そして信用保証協会の三者で成り立っています。中小企業者が金融機関から融資を希望する際、信用保証協会が公的な保証をすることで、円滑に融資を受けることができるようになります。ご返済は、通常の融資と同じように、金融機関に対して行っていただきます。

司会
保証の対象となる方、そして保証金額などはどうなっているのでしょうか。
加藤

保証の対象となる方は、中小企業者であり、資本金額や従業員数の上限が定められています。業種によって異なりますが、主なところでは、製造業が資本金3億円以下、従業員300人以下、小売業が資本金5千万円以下、従業員50人以下となっています。なお、業種についても制限がありまして、大半が対象となっているのですが、農業、林業、漁業など一部の業種については対象とはなりません。

保証を利用できる金額は、一般的な保証では、2億8千万円までとなっております。資金使途の面でも決まりがありまして、事業を営む上で必要な資金を対象としています。保証人につきましては、原則として、法人代表者以外は不要としています。また、担保につきましては、必要に応じてお願いしております。保証に際しては、信用保証料をいただきます。通常の保証では、平均1・15%で、利用者の状況に応じて9段階になっています。

司会
そして、その信用保証に関する業務をおこなっているのが信用保証協会…ということですね。
加藤

信用保証協会は全国に52あり、群馬県においては、群馬県信用保証協会が業務を行っています。前橋市の本店のほか、高崎市、桐生市、太田市に支店があります。
先程もお話しましたが、全国の中小企業の37%に対して県内の中小企業者の34・4%にあたる約2万7千企業にご利用いただいております。

司会
それでは、今回のお話のテーマとなっていますが、『緊急保証制度』、これは、どのような制度なのでしょうか。
加藤

緊急保証制度は、さまざまな特典により中小企業の方々を支援するものであり、国家予算措置30兆円という、非常に大型の全国統一保証制度です。
対象となる業種が指定されておりますが、段階的に広がり現在では760業種となっています。これは、全業種の83%、全企業数の81%に該当いたします。取扱期間は平成22年の3月31日までとなっております。

司会
『緊急保証制度』のポイントといいますと、どんなことが挙げられるでしょうか。
加藤

制度の主なポイントといたしましては、3つほどあります。
ひとつめとして、一般的な保証とは別に、一企業あたり2億8千万円まで利用可能となっています。ふたつめとしては、保証料率が一律0・8%以下と低く抑えてあります。みっつめとしては、保証期間10年、うち返済の据置2年可能となるなど、資金繰り安定に効果があります。
ご利用にあたっては、別途市町村の認定書が必要となります。これは、対象となる業種など、諸要件を満たしていることを証明する書類で、市町村に備え付けてあります。認定に関するご不明な点につきましては、金融機関や市町村にお問い合わせください。また、信用保証協会でも特別相談窓口を設置しておりますので、お気軽にご相談ください。

司会
ということで、メリットの多い『緊急保証制度』ですが、融資までの具体的な手続きというのはどうなっているのでしょうか。
加藤

保証の手続きにつきましては、まず、お取引をしている金融機関と相談をして、一緒に保証の申込書類を作成していただきます。信用保証協会は、その申込書類をお預かりしますと、保証の審査をさせていただきます。必要に応じ、直接ご面談させていただくことがあります。保証が決定いたしますと、金融機関に承諾の通知が行きますので、融資を実行していただきます。なお、県や市町村と連携した保証制度も多数用意しております。利率や保証料の面などで優遇措置がとられているものもありますので、どうぞご利用ください。
緊急保証の予算枠は30兆円ですが、6月17日現在の利用状況は11兆円程度です。まだ余裕がありますので、安心してご利用ください。

司会

今週の『ご意見CHODAI』は、『信用保証協会と緊急保証制度』というテーマで、加藤茂生さんにお話をうかがってきました。
最後に協会のお問い合わせ先などを教えてください。

加藤

信用保証制度や緊急保証制度等でご不明な点がございましたら、信用保証協会までお問い合わせください。連絡先は、ご覧のとおりです。また、常時、『金融、経営相談』も行っています。

このポスター(保証協会オリジナルポスター)にもありますように、信用保証協会は、中小企業の方々とともに歩んでいく、鉄人28号のように強い味方でありたいと思っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

司会 ありがとうございます。


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816