信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ > マスコミ掲載等 >

マスコミ掲載等

テーマ 「起業・創業教育の重要性」

平成26年10月17日(金)22:00〜22:30放送
(10月19日(日)9:00〜9:30、10月21日(火)12:30〜13:00再放送)


司会

『プラスオピニオン』のコーナー。
群馬県信用保証協会 総務部担当部長、加藤茂生さんにお話をうかがいます。
今日は『起業・創業教育の重要性』というテーマで、県内の状況と保証協会の取り組みについて説明していただけるとのことです。加藤さん、よろしくお願いします。

加藤

はい、こちらこそよろしくお願いします。

フリップ1(国の起業・創業支援)

国は、起業・創業支援に力を入れています。昨年6月に閣議決定された「日本再興戦略」で、2011年に4.5%と世界的にも極めて低い開業率を2020年までに、アメリカやイギリス、フランス並みの10%へ引き上げることを目指しています。具体的な施策としては、創業補助金や、地域創業促進支援事業などがあります。国の施策に沿う形で、群馬県内でも様々な取り組みが行われています。

フリップ2(群馬県内における起業・創業機運の高まり)

具体的には、「群馬県創業支援連携会議」、「群馬イノベーションアワード」、「群馬イノベーションスクール」、「ぐんぎんビジネスサポート大賞」、そして、国の地域創業促進支援事業に基づく創業セミナー・創業スクールが県内の5つの機関で開催されており、ほかにも多くの取り組みが見られます。

司会

10%というのは、なかなか高いハードルですが、それだけに国の意気込みを感じますね。

加藤

はい。現在の日本は廃業率が開業率を上回り、国内の企業数がどんどん減少している状態ですので、起業・創業を増やすことは、日本の経済の活性化と雇用の創出につながる、とても重要な課題といえます。

司会

では、保証協会ではどのような取り組みをしているのでしょうか。

加藤

はい、当協会では、昨年度から4つの柱からなる創業トータルサポート体制を構築して、起業・創業を支援しています。

フリップ3(保証協会の4つの柱からなる創業トータルサポート体制)

応援1として、総勢37名からなる当協会職員による創業応援チームが、親身な対応で創業者の抱える不安や課題の解決をサポートいたします。応援2として、創業計画の作り方を分かりやすく解説した創業ガイドブック「創業計画サポートガイド」をご用意しています。応援3として、信用保証料率が0.5%と非常に割安な県制度「創業チャレンジ資金」による金融支援とモニタリングによるフォローアップです。応援4として、地元ラジオ局での番組「チャレンジ・ザ・ドリーム」の放送による創業応援メッセージの発信です。

司会

充実したメニューが揃っていますね。実績はいかがでしょうか。

加藤

はい、これらの取り組みの結果、昨年度の創業に係る保証の実績は、件数前年度比110%と増加しました。今年度は9月までで、件数104%と2年連続で増加しています。

司会

今年度は新たな取り組みが追加されたということですが、どんなものでしょうか。

加藤

はい、応援4として説明した創業応援番組「チャレンジ・ザ・ドリーム」の25年度に放送したものから、群馬発・企業のトップ12人のインタビューを文字に起こし、単行本にまとめました。

チャレンジ・ザ・ドリーム表紙

司会

こちらがその単行本ですね。さわやかな青が印象的で、なかなか読み応えのある、素敵な本ですね。

フリップ4(単行本チャレンジ・ザ・ドリーム12人のトップインタビュー)

加藤

画面にもありますように、12人の社長さんからじっくりととても貴重な話を聞くことができました。中でも、創業時の苦労話や成功の秘話、創業を目指す方に対する目から鱗のアドバイス、メッセージなど、参考になる内容が盛りだくさんです。特に今回、重きを置いたのは、若者や学生に読んでもらうということです。先ほど紹介しました創業セミナーや創業スクールの参加者などに配布しています。また、県内すべての高校、大学、専門学校にも30冊ずつお配りしたのですが、感謝の電話をいただいたり、小中学校からは元気に生き抜くための教育に使いたいといった、本当にうれしい反響がありました。この間は高校の先生が起業をテーマに授業をしているということで、取材させていただきました。改めて開業率を向上させるには、起業・創業教育を充実させることが必要だと実感しました。これからも、学校や教育関係者と連携を蜜にしていきたいと思っています。

司会
この単行本ですが、一般の方も手に入れることができるでしょうか。
加藤

当協会まで葉書で、住所、氏名、単行本希望と書いて、お送りいただければ、無料でお届けさせていただきます。

フリップ4-2(単行本応募)

司会
保証協会の住所は、画面に出ていますが、「郵便番号371−0026、前橋市大手町3−3−1」です。保証協会のホームページにも応募方法が載っています。「群馬県信用保証協会」で検索してみてください。加藤さん、今日はどうもありがとうございました。
加藤
はい、ありがとうございました。



司会

次は、コメンテーターにお伺いする『今週のキーワード』加藤さんには、こちらのワードをあげていただきました。

加藤

はい、こちらです。

司会
「経営改善計画」・・・、ご説明をお願いします。
加藤

いわゆるリーマンショック以降の世界同時不況を受けて、中小企業金融円滑化法に基づき条件変更による返済緩和をしている企業がたくさんありますが、円滑化法が終了してから1年半が経過しました。次のステップとして、経営改善計画を策定して、企業経営の見直しとともに、返済の抜本的見直しが求められる時期にきています。

フリップ5(経営改善計画策定について)

経営改善計画策定は、認定支援機関のサポートが受けられます。策定サポートには費用がかかりますが、費用の3分の2を国が補助しています。そして、残りの3分の1の半分、つまり全体の6分の1を当協会が15万円を上限に補助しています。経営改善計画を策定すると、保証料率が引下げになるなどメリットの大きい、ふたつの保証制度をご利用できます。その保証とは、「経営改善サポート保証」と「経営力強化保証」ですが、詳しい内容は、当協会の企業支援課までお問い合わせください。また、当協会では、これらのほかにも、金融・経営相談に、幅広く対応いたします。相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

司会
はい、ありがとうございます。


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816