信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ > マスコミ掲載等 >

マスコミ掲載等

テーマ 「経営改善計画等の策定支援について」

平成28年4月22日(金)22:00〜22:30放送
(4月24日(日)9:00〜9:30再放送)


司会

『プラスオピニオン』のコーナーです。
群馬県信用保証協会 総務部次長兼企画課長、稲葉雅雄さんにお話をうかがいます。
今日は、信用保証協会の『経営改善計画等の策定支援』について説明していただけるとのことです。稲葉さん、よろしくお願いします。

稲葉
はい、よろしくお願いします。
司会

保証協会では、「三つの支援」と名付け、「創業支援」、「経営支援」、「再生支援」に力を入れて取り組んでいるとお聞きしますが、今回は「経営支援」についてお話しいただけるということですね。

フリップ1(経営改善計画等の策定を支援します)

稲葉

はい。具体的には、国の経営支援強化促進補助金事業などを活用し、保証協会と群馬県中小企業診断士協会とが連携して、中小企業の経営支援に取り組んでいます。「経営診断」や「経営改善計画」の策定支援を行っていますが、「経営診断」は3回または5回のヒアリング、そして利用実績の多い「経営改善計画」は8回のヒアリングを行い、策定いたします。費用は、国と保証協会で全額を補助いたします。

司会
お客様の費用負担はないということですね。利用実績の多い「経営改善計画」の策定には8回のヒアリングを行うとのことですが、策定される「経営改善計画」はどのようなものなのでしょうか。
稲葉

すべての経営改善計画が、同じ構成となっているわけではありませんが、基本的な枠組みは、「企業の概要」、「現状の分析」、「問題点の整理」、「具体的な改善策」、「将来の財務諸表の作成と借入金返済計画」等から成り立っています。
具体的には、次のとおりです。

フリップ2(経営改善計画の基本的な構成)

最初に企業の概要を作成します。次に業績推移、並びに決算書から見た財務上の問題点や現場における経営上の問題点の確認を行います。その確認ができましたら次は、当社の現状としての「強み」や「弱み」(弱みは課題ともいえます)、そして当社を取り巻く環境としての「機会」(機会はビジネス上のチャンスともいえます)や「脅威」(脅威はビジネス上のリスクともいえます)の分析を行います。その分析ができましたら、課題の整理と改善の方向性の確認を行います。方向性の確認ができましたら、さらに個別具体的な改善策と実施時期の確認を行い、今度はそれをもとに、将来の計画(予想)財務諸表の作成や、関係金融機関への借入金返済計画を作成いたします。以上が、基本的な構成となります。

司会

策定した「経営改善計画」はどのように取り扱うことになりますか。

フリップ3(策定した経営改善計画の取扱)

稲葉
一般的には、当協会が事務局を担いまして、関係金融機関等が一堂に会する「群馬県経営サポート会議」を開催し、その場で策定した経営改善計画の内容や支援依頼事項等について、支援対象の企業や計画策定を支援した専門家が全員に説明し、関係金融機関が支援協力する姿勢を確認します。また、計画策定後は、定期的にモニタリングを行い、経営サポート会議と同様のメンバーで、業績の報告会を開催しております。
司会
「経営改善計画」を策定した中小企業の皆様や金融機関の皆様からは、どのような声が聞かれますか。
稲葉

フリップ4(中小企業の皆様や金融機関の皆様の声)

中小企業の皆様からは、問題点や今後の取り組みについて、いろいろな角度から整理でき、経営の改善に向けた見通しがついた。「経営サポート会議」により、一度にすべての関係金融機関に効率的に説明することができた。策定した経営改善計画により、既存の借入金について保証料が低めに設定されている「経営改善サポート保証」等を活用して、借入口数をまとめることで、資金繰りを改善することができた。というお声をいただいております。
また、金融機関の皆様からは、金融機関同士で支援に向けた目線合わせができた。経営改善計画策定後のモニタリングを通じて、定期的にお客様の業績を把握することができた。というお声をいただいております。

司会
こうした「経営支援」という取り組みを通じて、中小企業の皆様の経営の安定に向けて、少しでもお役に立てるといいですね。
稲葉
その通りです。当協会といたしましても、協会単独での支援もありますが、いろいろな支援機関の方々と連携して、中小企業の皆様に最適な支援が提供できますよう努力してまいります。どうぞ、お気軽に、保証協会までご相談ください。
司会
稲葉さん、どうもありがとうございました。
稲葉
ありがとうございました。
司会

次は、コメンテーターにお伺いする『今週のキーワード』です。
稲葉さんには、こちらのワードをあげていただきました。

『群馬県中小企業支援ネットワーク』…。「プラスオピニオン」のお話しとつながりがありそうですね。解説をお願いします。

稲葉

群馬県中小企業支援ネットワークは、平成24年9月、翌年3月に中小企業金融円滑化法が終了することを踏まえまして、関係機関が連携して中小企業の皆様への経営支援等に取り組むために構築したものです。群馬県中小企業支援ネットワークは、群馬県中小企業支援ネットワーク会議(略称ネットワーク会議)と群馬県経営サポート会議(略称経営サポート会議)から構成されています。
「群馬県中小企業支援ネットワーク会議」は、構成員90機関の連携強化やスキル向上を図るため、年1回程度、情報交換会や専門家による講演会、事例研修会等を開催しています。

「群馬県経営サポート会議」は、ネットワーク会議とは別に、経営上の課題を抱える個別企業を支援するため、当該中小企業、メイン行を中心とした関係金融機関及び当協会が、収益力の向上、資金繰りの改善等について協議を行う会議で、保証協会が事務局を担っています。具体的には、中小企業の皆様が、関係金融機関に向けて、これから「経営改善計画」の策定に向けて取り組む場合に開催したり、「経営改善計画」の策定後に計画内容を発表の場として開催するなど、必要な場合において柔軟に開催しています。また、開催回数につきましても、必要に応じて複数回開催する場合もあります。通算開催実績は、164企業について245回です。

司会
はい、稲葉さんありがとうございました。


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816