信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ > マスコミ掲載等 >

マスコミ掲載等

テーマ 「創業支援について」

平成29年5月5日(金)22:00〜22:30放送
(5月7日(日)9:00〜9:30再放送)


司会

『プラスオピニオン』のコーナーです。
群馬県信用保証協会 総務部次長、稲葉雅雄さんにお話をうかがいます。
今日は、信用保証協会が行っている「創業支援」について説明していただけるとのことです。
稲葉さん、よろしくお願いします。

稲葉
はい、よろしくお願いします。
司会

それでは、保証協会の「創業支援」について、具体的にどのような取組みを行っているのか その概要を教えて下さい。

稲葉

フリップ1(「保証協会の創業支援」の概要について)

保証協会では、前橋にある本店・営業部と保証統括部、それから高崎支店、桐生支店、太田支店に総勢40名からなる「創業応援チーム」が創業相談に対応しております。
特に女性創業者につきまして、女性の対応を希望されるお客様につきましては、女性創業応援チーム「シルキー クレイン」総勢9名が、対応しております。
それから、お客さまが希望し、必要と判断される場合には、当協会と群馬県中小企業診断士協会との連携により、中小企業診断士による「創業相談」、「アドバイス」、「創業計画策定支援」を無料で行っております。
保証協会では、「創業トータルサポート」と名付けて、創業全般に係る相談支援、当協会が作成した「創業計画サポートガイド」による創業計画の作成支援、制度融資による金融支援、地元ラジオ局との共同制作による創業応援番組による支援、「創業セミナー」による支援を行っております。

司会
「創業支援担当者」や「シルキークレイン」は、多くの創業相談に対応していることと思いますが、それでは、創業時や創業後には具体的にどのような苦労・課題を抱えて、相談に来会しますか。
稲葉

フリップ2(「創業時や創業後の苦労・課題」について)

創業時や創業後の苦労・課題について説明します。
創業者とは、主にこれから創業する人や創業後間もない人を想定しています。
創業時の苦労・課題は、「資金の調達」や「創業計画書の策定」等が多くなっております。
創業後の苦労・課題は、「期待通りの売上が確保できない」、「販路の開拓」、「資金繰りが安定しない」等が多くなっております。
この他にも、中小企業白書によれば、「経営知識一般の習得」、「事業に必要な専門知識や技術の習得」、「家族の理解・協力」という課題もあります。

司会

それでは次に、創業応援チームや「シルキークレイン」が対応した具体的な相談事例を、教えていただけますか。

稲葉

フリップ3(創業の相談事例)

相談事例をひとつ紹介いたします。
こちらのお客様には、保証協会が開催した「創業セミナー」に参加いただきました。
事業の内容は、30代の女性が、ご自身のワークライフバランスを実現するとともに、社会貢献を考え、介護関係の仕事を創業するという相談です。
相談の内容は、事務所開設に向けて準備を進めていたところ、開業後の運転資金の必要額や調達方法が決まっていないので、話を聞いて欲しいという相談でした。
保証協会の支援内容としては、代表者が事前に作成していた事業計画書に基づきアドバイスを行いました。
具体的には、【1】事業が軌道に乗るまでの運転資金の必要額を把握する必要があること、また【2】経営上必要な基本知識を習得する必要があること等から、月次収支表の作成が必要とアドバイスし、専用のフォーマットを準備しました。この月次収支表をベースに資金繰りの考え方についてアドバイスを行うとともに、収支計画が完成するまで繰り返し検討を重ねました。
そして、保証協会としての支援方針を決定し、代表者が希望する金融機関への橋渡しを行いました。
その後、金融機関からの保証依頼に対して、保証をさせていただきました。今後もお客様に寄り添いながら、創業支援業務の深耕を図ってまいります。

司会
いろいろな相談をお受けする中で、保証協会の創業応援チーム、女性創業応援チーム「シルキークレイン」、専門家としての中小企業診断士は、どのようなアドバイスを行っていますか。
稲葉

フリップ4(「創業時の主なアドバイス」について)
フリップ4(「創業時の主なアドバイス」について)

主に次のアドバイスを行っています。
【1】創業の動機、目的、事業経験、家族の同意、協力者について。
【2】誰を対象にして、お客様にどのようなサービスを提供するかについて。
【3】事業の特徴はどこにあり、どのような点で他の事業者との差別化を図っていくかについて。
【4】創業にあたって、自己資金はどのくらい用意できているかについて。
【5】収支計画、資金計画、資金繰り計画の作成について。
【6】安定した仕入先や主な販売先確保の見通しについて。
【7】創業後の売上の確保に向けた見通しについて。
【8】売上の変動、回収条件や支払条件が変更となった場合の運転資金の対応について。
等々のアドバイスを行っております。

司会
これから創業を目指す方や創業間もない方は、それぞれ抱える問題点もいろいろあると思いますが、創業応援チーム、「シルキークレイン」、中小企業診断士等の専門家に相談し、アドバイスを受けながら、少しでも、創業者のお役に立てるようになるといいですね。
稲葉

その通りです。
当協会といたしましても、これから創業を目指す方や創業間もない方に対して、金融機関の皆様や中小企業診断士等の専門家とも連携を図りながら、少しでもお役に立てるように、いろいろな取組みを行っております。
まずは、保証協会までどうぞ、お気軽に、ご相談ください。

司会

「創業支援」のお問い合わせは、画面に出ているとおりです。
電話番号は、企業支援課「027−219−6003」ですね。
稲葉さん、どうもありがとうございました。

フリップ5(「創業相談」のお問い合わせ)

稲葉
ありがとうございました。
司会

次は、コメンテーターによる『今週のキーワード』です。

『創業支援』…。解説をお願いします。

稲葉

保証協会では、金融・経営相談を希望されるお客様に、きめ細かに対応できますよう、相談窓口を用意しております。
主な相談窓口についてご案内いたします。
最初は、金融・経営窓口相談コーナーです。
この相談コーナーは、当協会の前橋にある本店営業部と保証統括部それから高崎支店、桐生支店、太田支店の各保証課窓口に常設しており、随時直接相談していただけます。
事前のお申込みは必要ありませんが、事前にご連絡いただければ、よりスムーズに具体的なご相談ができます。
主な相談は、個別の保証申込み案件の相談、経営に関する相談、資金繰りに関する相談です。
平成28年度は217件のご相談をいただきました。
次は、出前金融・経営相談です。
この相談は、当協会職員が、直接、中小企業の皆様のところに訪問し、金融・経営に関する相談に対応いたします。
こちらは事前に企業支援課までお申込みください。
ご不明な点等につきましては、どうぞ、お気軽に群馬県信用保証協会企業支援課までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

司会
はい、稲葉さんありがとうございました。


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816