信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ >

新着情報


 
H23.2.16
景気対応緊急保証の終了と4月以降のセーフティネット保証等について

 平成20年10月31日に創設された「景気対応緊急保証」は、中小企業の皆さまにとってメリットの多い保証制度ですが、今年3月31日で終了いたします。
 4月以降は、セーフティネット保証5号をご利用いただくことができますが、指定業種や認定要件が変更となりますので、ご留意いただくとともに、年度末までにご利用を検討されている方は早めのお申し込みをお願いいたします。



1 4月以降のセーフティネット保証について

 指定業種や認定要件が次のとおり変更となります。

(1)対象業種(業種基準)
 現在の景気対応緊急保証の対象業種は、ほぼ全業種(産業中分類で82業種)が該当しておりますが、4月以降(9月30日まで)のセーフティネット保証5号においては、48業種に減少いたします。
 ※ 指定業種一覧はこちら、対象が解除される業種一覧はこちらを参照。

(2)認定要件(企業基準)
 現在の景気対応緊急保証で実施されている認定要件の緩和措置がなくなります。

@ 変更点
 特定中小企業者認定要領の具体的な変更点は、下表のとおりです。
(イ)売上高1年前対比

減少割合「3%」を「5%」に変更

(ロ)原油価格

変更なし

(ハ)利益率

削除

(ニ)新型インフルエンザ

削除

(ホ)売上高2年前対比

削除

(ヘ)鳥インフルエンザ 削除

A 4月以降の資格要件
(イ)売上高1年前対比

最近3ヵ月間の平均売上高等が前年同期に比べ5%以上減少していること。

(ロ)原油価格

売上原価のうち20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、価格の引上げが困難であるため、最近3ヵ月間の平均売上高に占める原油等の平均仕入れ価格の割合が、前年同期を上回っていること。



2 年度末までに景気対応緊急保証をご利用ください

 景気対応緊急保証については、ほぼ全業種が対象となっています。また、認定要件も緩和されていますので、資金ご利用予定のある方は、お早めにお申し込みください。

【借換保証により資金繰りが緩和されます】
  • 複数の景気対応緊急保証やセーフティネット保証を一本化し、返済を見直すことで、月々の返済負担が軽減されます(条件変更と同じ効果)。
    ※責任共有対象は責任共有対象で借換する必要があります。
  • 新たに、据置期間を設けることも可能です(返済猶予と同じ効果)。
  • 必要に応じ、金融機関及び協会の審査によって、真水(追加資金)を上乗せすることもできます。
 

 


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816