信用保証協会とは三つの支援保証利用のご案内コンプライアンス・個人情報情報公開
保証協会へのアクセス制度検索ご相談窓口よくある質問リンク集
群馬県信用保証協会トップページ >

新着情報


 
H27.12.10
群馬県中小企業支援ネットワーク会議第4回全体会議を開催いたしました

 去る11月12日、群馬県中小企業支援ネットワーク会議 第4回全体会議を開催いたしました。

 群馬県中小企業支援ネットワーク会議は、厳しい経済状況の中にあり、多額の債務を抱えている中小企業が数多くある中、平成25年3月末の中小企業金融円滑化法終了を踏まえ、この出口戦略及び県内の中小企業支援体制強化を図るため、平成24年9月に当協会が事務局となり設立いたしました。

 4回目となる今回の全体会議は、本会議の構成員である金融機関、商工団体等、構成員及びアドバイザー計63機関から総勢約130名が参加いたしました。

 本会議の議長で、当協会の会長・三澤益巳より挨拶を行った後、第一部の情報交換会議において、各分野を代表する機関の方々より、最新の中小企業支援施策や取組み状況などについてそれぞれご説明をいただきました。

(※ ご説明いただきました方々の所属及び役職名は、会議当日現在のものです。)

議長挨拶(抜粋)

 本日は、本会議の構成員、アドバイザーから63機関、総勢130名の皆さまにご出席いただき、誠にありがとうございます。
 中小企業・小規模事業者が抱える経営課題は多種多様であり、その解決は容易ではありませんが、中小企業・小規模事業者の発展が地域経済の活力の源泉であることをしっかりと認識し、私ども関係機関の皆様が連携して、一人ひとりの経営者に寄り添って、経営支援に取り組むことが大切であると考えております。
 今後も本会議は、構成員の皆様の連携を一層強化して、中小企業・小規模事業者の振興発展、地域経済の活性化に取り組んでまいりますので、皆様方のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

国の支援施策について

 財務省関東財務局前橋財務事務所理財課 課長 齋藤和幸 様、経済産業省関東経済産業局産業部中小企業金融課 係長 中村 慧様より、ご説明をいただきました。                     

群馬県の支援施策について

 群馬県産業経済部 商政課 課長 上原英之 様より、ご説明をいただきました。

支援機関等の取組みについて

 群馬県中小企業再生支援協議会 統括責任者 兼 群馬県経営改善支援センター センター長 松田正義 様、群馬県信用保証協会 保証統括部 次長・企業支援課長 稲葉雅雄より、ご説明をいただきました。

また、第二部では、光麗法律事務所 弁護士 村松謙一 様 より、「どんな会社も、再び立ち上がれる!」と題してご講演をいただきました。

H26.12.10
群馬県中小企業支援ネットワーク会議第3回全体会議を開催いたしました

 去る11月13日、群馬県中小企業支援ネットワーク会議 第3回全体会議を開催いたしました。
  群馬県中小企業支援ネットワーク会議は、厳しい経済状況の中にあり、多額の債務を抱えている中小企業が数多くある中、平成25年3月の中小企業金融円滑化法終了を踏まえ、この出口戦略及び県内の中小企業支援体制強化を図るため、平成24年9月に当協会が事務局となり設立いたしました。
 3回目となる今回の全体会議は、本会議の構成員である金融機関、商工団体等、構成員及びアドバイザー計79機関から総勢約150名が参加いたしました。

 本会議の議長で、当協会の会長・三澤益巳より挨拶を行った後、第一部の情報交換会議において、各分野を代表する機関の方々より、最新の中小企業支援施策や取組み状況などについてそれぞれご説明をいただきました。
(※ ご説明いただきました方々の所属及び役職名は、会議当日現在のものです。)

議長挨拶(抜粋)

 本日は、本会議の構成員、アドバイザーから79機関、総勢150名の皆さまにご出席いただき、第3回の全体会議が盛大に開催できましたことを心から感謝申し上げます。
 中小企業・小規模事業者が抱える経営課題は多種多様であり、その解決は容易ではありませんが、私たち構成員が連携して一人ひとりの経営者に寄り添い、支援に取り組むことが重要であると考えています。 
 本会議の構成員の皆さまが、今後も連携を密にして中小企業・小規模事業者の発展、地域経済の活性化に努めていきたいと思いますので、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

国の支援施策について

 財務省関東財務局前橋財務事務所理財課 課長 佐久間善弘 様、経済産業省関東経済産業局産業部中小企業金融課 課長 近藤かおる 様より、ご説明をいただきました。

群馬県の支援施策について

 群馬県産業経済部 商政課 課長 金井豊幸 様より、ご説明をいただきました。

支援機関等の取組みについて

 群馬県商工会連合会 経営支援課 課長 橋本勉 様、群馬県中小企業再生支援協議会 統括責任者 兼 群馬県経営改善支援センター センター長 菊地則行 様、群馬県信用保証協会 保証統括部 企業支援課 課長 稲葉雅雄より、ご説明をいただきました。

 

 また、第二部では、有限会社コンサルティングオフィス・ウィル 代表取締役 茂木三枝 様(中小企業診断士・経営士)より、「創業段階別の支援ポイントと支援事例について」と題してご講演をいただきました。

H25.7.26
群馬県中小企業支援ネットワーク会議第2回全体会議を開催いたしました

 去る6月6日、群馬県中小企業支援ネットワーク会議 第2回全体会議を開催いたしました。
群馬県中小企業支援ネットワーク会議は、厳しい経済状況の中にあり、多額の債務を抱えている中小企業が数多くある中、今年3月の中小企業金融円滑化法終了を踏まえ、この出口戦略及び県内の中小企業支援体制強化を図るため、昨年9月に当協会が事務局となり設立いたしました。
2回目となる今回の全体会議は、本会議の構成員である金融機関、商工団体等、構成員及びアドバイザー計79機関から総勢約150名が参加いたしました。

 第一部の情報交換会議では、各分野を代表する機関の方々より、中小企業金融円滑化法の期限到来にあたり、講じている対策や、取組み状況などについてそれぞれご説明をいただきました。
(※ ご説明いただきました方々の所属及び役職名は、会議当日現在のものです。

国の支援施策について

 財務省関東財務局前橋財務事務所理財課 課長 本間幸一 様、経済産業省関東経済産業局産業部中小企業金融課 課長 近藤かおる 様より、ご説明をいただきました。

群馬県の支援施策について

 群馬県産業経済部 商政課 課長 金井豊幸様より、ご説明をいただきました。

支援機関の取組みについて

 群馬県中小企業再生支援協議会 統括責任者 菊地則行 様より、ご説明をいただきました。

金融機関の取組みについて

 群馬銀行審査部 執行役員審査部長 金井祐二 様、しののめ信用金庫経営相談部 部長 木村恵治 様(代理:しののめ信用金庫経営相談部 副部長 田村浩伸 様)より、ご説明をいただきました。

保証協会の取組みについて

 群馬県信用保証協会 保証統括部 部長 塚田宏より、説明いたしました。

その他意見交換

(1)専門家との連携について
群馬県経営改善支援センター センター長 菊地則行 様、群馬県産業支援機構 経営支援課 主幹 齋藤保史 様より、ご説明をいただきました。

(2)創業支援について
群馬県産業支援機構 経営支援課 主幹 齋藤保史 様、群馬県信用保証協会 保証統括部 部長 塚田宏より、説明いたしました。

 

 また、第二部では、コンサルファーム群馬株式会社 認定経営革新等支援機関 代表取締役 清水邦宏 様より、「経営改善のポイントと改善事例について」と題してご講演をいただきました。

H24.11.12
第1回群馬県中小企業支援ネットワーク会議を開催いたしました

 去る11月12日、第1回群馬県中小企業支援ネットワーク会議を開催いたしました。
 群馬県中小企業支援ネットワーク会議は、厳しい経済状況の中にあり、多額の債務を抱えている中小企業が数多くある中、25年3月の中小企業金融円滑化法終了を踏まえ、この出口戦略及び県内の中小企業支援体制強化を図るため、当協会が事務局となり、設立いたしました。
 第1回となる今回の会議は、本会議の構成員である金融機関、商工団体等、構成員全91機関、アドバイザー3機関から総勢約200名が参加いたしました。

 第一部の総会において、本会議の議長で、当協会の会長・池田秀廣より挨拶を行った後、群馬県知事 大澤正明 様(代理:群馬県産業経済部 部長 根岸冨士夫 様)、群馬県銀行協会 会長 齋藤一雄 様(代理:群馬県銀行協会 専務理事 岩ア賢一 様)、群馬県商工会連合会 会長 高橋太郎 様(代理:群馬県商工会連合会 専務理事 金居成治 様)、財務省関東財務局前橋財務事務所 所長 佐伯克己 様(代理:財務省関東財務局前橋財務事務所理財課 課長 本間幸一 様)、経済産業省関東経済産業局 局長 宮川正 様(代理:経済産業省関東経済産業局産業部中小企業金融課 課長 五十嵐悟 様)にそれぞれご挨拶をいただきました。

※現在の群馬県中小企業支援ネットワーク会議の構成員は、かみつけ信用組合と東群馬信用組合が11月26日に合併し「ぐんまみらい信用組合」となったことで、全90機関となっています。

議長挨拶(抜粋)

 本日は、本会議の構成員91機関、アドバイザー3機関から、総勢200名を超える皆様にご出席いただき、記念すべき第1回の会議が盛大に開催できましたことを心から感謝申し上げます。
 日本そして群馬の産業経済を支えている中小企業は地域経済そのものであり、私たち構成員と中小企業はいわば運命共同体の関係にあると言っても過言ではありません。
 本会議は、他県に比して画期的なほど多くの機関に参加していただきました。皆様と一緒になって内容的にも全国一の素晴らしい会議にしたいと思いますので、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

群馬県知事 挨拶(抜粋)

 本県産業を巡る経済環境は、長引く円高や世界経済の減速、国内市場の縮小に加え、日中関係の悪化等により、ますます先行きの見通しが立てにくい状況となっており、このような中、借入金の借換や条件変更等により資金繰りに対応する中小企業が増加傾向にあります。
 金融円滑化法終了にあたり、中小企業への支援を実効あるものとするには、皆様方のそれぞれの強みを発揮しながら、経営改善や事業再生を促進し、地域経済の活性化を図るという共通認識の下に連携していくことが重要です。県といたしましては、中小企業のセーフティネット構築に万全を期すために、これからも皆様方と一致協力して、群馬県経済がさらに元気に、大きく羽ばたけるよう取り組んで参る所存です。

群馬県銀行協会会長 挨拶(抜粋)

 中小企業金融の一翼を担う金融機関といたしましても、本会議に参加させていただくことにより、皆様と目線、スタンスを合わせ、歩んで参りたいと考えております。金融機関に対しても、中小企業の皆様から円滑化法の期限到来後について不安の声が少なからず寄せられております。私どもは、円滑化法が終了したからといっても、お客様への対応方針が変わることもなく、25年4月以降も引き続き、関係機関と連携を図りながら、貸付条件の変更や円滑な資金供給に努めていこうと考えております。
 本会議は中小企業の再生スキルの向上効果が十分期待されるものであり、金融機関も積極的に取り組み、地域経済発展に向けて、その大きな役割を果たしていく所存です。

群馬県商工会連合会会長 挨拶(抜粋)

 金融円滑化法の最終期限が間近に迫り、中小企業の資金繰り支援、経営改善方策の相談支援が喫緊の課題となっている中、私たち商工会連合会では、県内44商工会と共に個別企業への巡回訪問、巡回相談を強化するとともに、県内各地で「円滑化法終了に伴う個別相談会」の開催などを精力的に実施しているところです。
 商工会連合会では、商工会法に基づく支援機関として、中小企業経営力強化支援法に基づく認定機関としてその中心的役割を果たすべく体制を整えているところでございます。皆様には、格段のご理解、ご協力を賜り、実のある中小企業支援が実施できますようお願い申し上げます。

財務省関東財務局前橋財務事務所所長 挨拶(抜粋)

 私どもの方からは、【1】金融円滑化法期限到来後の当局の検査・監督体制の方針には何ら変更なく、【2】金融機関が他と連携を図りながら貸付条件の変更や円滑な資金供給に努めていくことは、今後も何ら変わらない、【3】全ての借り手に対し、来年3月までに何らかの解決策を求めていく訳ではなく、金融機関には借り手の経営改善に応じた最適な解決策を十分時間をかけて実行支援していくことを促すこと、【4】金融機関に対して、当局の方針を個々の借り手の皆様に説明することを促していくこと、をお願いしております。 当局といたしましてもこの方針について広報を通じ、周知徹底を図っていきたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

経済産業省関東経済産業局局長 挨拶(抜粋)

 関東経済産業局としましても、4月20日付け政策パッケージの具現化に向けて様々な施策を行っているところですが、その一つとして、中小企業支援ネットワークを担当しています。面的な再生支援が必要である中、再生支援協議会が個々の企業の再生支援を行っていることに対して、群馬県全体を支援していくという枠組みを提案いたしました。経営支援や事業再生のノウハウを共有し、個別事業者を通じて群馬県全体で再生の裾野が広がっていくことを期待しています。
 当局といたしましても、厳しい経済環境の中、様々な施策を実施しておりますので、積極的なご活用をお願い致します。

 

 第二部では、中小企業再生支援全国本部 統括プロジェクトマネージャー 藤原敬三 様より、「金融円滑化法の出口戦略における中小企業再生支援協議会の果たす役割」と題してご講演をいただきました。

 また、群馬県中小企業再生支援協議会 統括責任者 菊地則行 様より、「群馬県内の企業再生事例について」と題してご講演をいただきました。

H24.9.21
「群馬県中小企業支援ネットワーク会議」及び
「群馬県経営サポート会議」を設立いたしました

 厳しい経済状況の中にあり、多額の債務を抱えている中小企業が数多くある中、来年3月の中小企業金融円滑化法終了を踏まえ、この出口戦略及び県内の中小企業支援体制強化を図るため、今般、当協会が事務局となり、「群馬県中小企業支援ネットワーク会議」を設立いたしました。金融機関、商工団体等、90の関係機関が構成員となり、連携を図りながら、中小企業の支援に積極的に取り組んで参ります。
 また、経営上の課題を抱える個別企業の再生支援等を図るため、「群馬県経営サポート会議」も設立いたしました。
 詳細につきましては下記のとおりです。

1 群馬県中小企業支援ネットワーク会議について

(1)設立の経緯

 来年3月に中小企業金融円滑化法が終了することを踏まえ、本年4月20日に内閣府・金融庁・中小企業庁の連名により、「中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のための政策パッケージ」が公表された。この中で、「各地域における中小企業の経営改善・事業再生・業種転換等の支援を実効あるものとするため、中小企業再生支援協議会と企業再生支援機構を核として、金融機関、事業再生の実務家、法務・会計・税務等の専門家、中小企業関係団体、国、地方公共団体等からなる「中小企業支援ネットワーク」を構築する」と記載されている。
 その後本年7月に中小企業庁から「中小企業支援ネットワークの創設について」が示されたが、この中で信用保証協会が事務局を担当するよう求められている。
 これを受けて、群馬県においては、本年9月21日付けにて「群馬県中小企業支援ネットワーク会議」を設立した。

(2)設立の趣旨

 中小企業金融円滑化法の終了が近づく中で、中小企業の経営改善等は喫緊の課題であることから、関係機関が連携して中小企業の経営支援等に取り組むため、「群馬県中小企業支援ネットワーク会議」を設立する。

(3)活動内容

 中小企業の経営支援等に係る構成員の連携強化及びスキル向上を図るため、情報交換会、専門家による講演会、事例研修会等を随時開催する。

2 群馬県経営サポート会議について

 上記会議とは別に、経営上の課題を抱える個別企業の再生支援等を図るため、当該中小企業、メイン行を中心とした金融機関及び当協会が収益性の向上、資金繰りの改善等、経営の改善・再生に向けた具体的な支援方法について合意が図られるよう協議を行う。
 この会議においても、当協会が事務局を担うこととする。

(参考) 群馬県信用保証協会について

 信用保証協会は「信用保証協会法」(昭和28年8月10日法律第196号)に基づいて設立、運営されている特殊法人で、群馬県信用保証協会をはじめ全国に52協会ある。
 信用保証協会の主な業務は、中小企業が銀行その他の金融機関から事業資金の融資を受ける際に、その借入債務を保証するという信用保証業務で、中小企業の金融の円滑化を図っている。
 このほかにも、「顔の見える協会」として、相談、診断、情報提供といった多様なニーズに的確に対応する各種支援サービス業務を行っている。
 これらを通じて中小企業の経営基盤の強化に寄与し、中小企業の振興と地域経済の活力ある発展に貢献すべく取り組んでいる。

(参考資料)

資料1 群馬県中小企業支援ネットワーク会議運営要綱(PDF:7KB)
  別表1 群馬県中小企業支援ネットワーク会議構成員名簿(PDF:13KB)
  別表2 群馬県中小企業支援ネットワーク会議幹事名簿(PDF:7KB)
  別表3 群馬県中小企業支援ネットワーク会議アドバイザー名簿(PDF:9KB)
資料2 群馬県中小企業支援ネットワーク会議の概要(PDF:13KB)
資料3 群馬県経営サポート会議の概要(PDF:13KB)
資料4 中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のための政策パッケージ(PDF:93KB)

 

※問い合わせ先 保証統括部企業支援課 電話 027−219−6003
 

 


群馬県信用保証協会 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-3-1 TEL 027-231-8816