信用保証協会とは

「信用保証協会」は、信用保証協会法に基づいて設立された公的機関で、全国に51協会あります。
信用保証の業務を行い、中小企業のみなさまの「保証人」となることで、日本を支える中小企業の経営の安定と発展をサポートしています。

信用保証協会事業の基本理念

信用保証協会は、事業の維持・創造・発展に努める中小企業者に対して、公的機関として、その将来性と経営手腕を適正に評価することにより、企業の信用を創造し、「信用保証」を通じて、金融の円滑化に努めるとともに、相談、診断、情報提供といった多様なニーズに的確に対応することにより、中小企業の経営基盤の強化に寄与し、もって中小企業の振興と地域経済の活力のある発展に貢献します。

信用保証協会の業務

信用保証協会の主な業務は、中小企業者の方が金融機関から事業資金を借入する際、その債務を「保証」することです。したがって、万一、その方が返済不能になってしまった場合には、その方に代わって金融機関へ「代位弁済」することになります。
また、中小企業の方に経営の改善発達にかかる助言などの支援も行っています。

群馬県信用保証協会の 「3つの基本理念と行動指針」

当協会では、業務遂行の道しるべとして、下記のとおり、3つの基本理念と行動指針を定めております。

3つの基本理念

  1. 群馬県の明日を担う中小企業者のよきパートナーとして、「顔の見える、信頼される保証協会」を目指します。
  2. 金融機関及び関係機関との連携を深め、中小企業者の経営の安定と発展を支援します。
  3. 中小企業者の立場に立った「信用保証」を通じて、地域経済の発展に貢献します。

行動指針

健全な業務運営

  1. 信用保証協会の公共性を常に念頭におき、高い倫理観を持って、業務に取り組みます。
  2. 公正かつ誠実な事業を行うため、コンプライアンスを推進します。
  3. 健全な経営基盤を確立するため、業務の効率化に不断の努力を続けます。

質の高い保証サービス

  1. 多様化する中小企業のニーズに的確に応えるため、質の高い信用保証業務を推進するとともに、相談・診断・情報提供などの金融相談窓口の充実に努めます。
  2. 金融機関及び関係機関との連携を推進し、創業支援、経営支援、再生支援の「三つの支援」に努めます。
  3. 中小企業のニーズに応えられるよう、企業活動の現場から生きた知識を吸収することを通じて人材の育成と資質の向上に努めます。

地域経済への貢献

  1. 地域に密着した事業活動を展開し、地域経済の安定化、活性化に貢献します。
  2. 創業支援に注力し、開業率向上により地域経済の活性化を図ります。
  3. 経営支援、再生支援に積極的に取り組み、地域経済の再生を図ります。